一酸化炭素

一酸化炭素の化学構造式 - Chemical structure of carbon monoxide

一酸化炭素Carbon monoxideは,化学式COで表される無機化合物です。

目次 - Table of contents

名称 - Names

物質名称一覧

命名法
Nomenclature
名称
Name
代表的名称
Typical name
一酸化炭素
Carbon monoxide
組成命名法
Compositional nomenclature
一酸化炭素
Carbon monoxide
置換命名法
Substitutive nomenclature
付加命名法
Additive nomenclature
オキシド炭素
Oxidocarbon
水素命名法
Hydrogen nomenclature
官能基代置命名法
Functional replacement nomenclature
IUPAC許容慣用名
IUPAC acceptable common names
別名
Other names

化学式と構造 - Formulas & structures

化学式一覧

化学式名称
Formula name

Formula
代表的化学式
Typical formula
CO
分子式
Molecular formula
CO
組成式
Empirical formula
CO
構造式
Structural formula
一酸化炭素の化学構造式 - Chemical structure of carbon monoxide
電子式
-ルイス構造式-
Lewis structure
一酸化炭素の電子式 (ルイス構造式) - Lewis structure of carbon monoxide
電子式
-ルイス構造式, 色付き-
Colored Lewis structure
一酸化炭素の電子式 (ルイス構造式, 色付き) - Colored Lewis structure of carbon monoxide

化学式中の構成原子と酸化数

構成原子
Atom
名称
Name
酸化数
Oxidation state
個数
Number
C炭素+21
O酸素−21

物質情報 - Properties

物質情報一覧

項目
Item

Value
物質名
Substance name
一酸化炭素
Carbon monoxide
化学式
Chemical formula
CO
外観
Appearance
無色の気体
臭気
Odor
無臭
モル質量
Molar mass
28.010 g/mol
密度
Density
0.1250 g/L
0°C
0.814 g/cm3
−195°C
水への溶解度
Solubility in H2O
0.002838 g
/100 g H2O, 20°C
融点
Melting point
−205.05 °C
沸点
Boiling point
−191.49 °C
昇華点
Subliming point

熱力学的性質 - Thermodynamic properties

熱力学的性質一覧

項目
Item

Value
生成熱 -日本の高校化学での定義-
Heat of formation
-in Japanese high school chemistry-
110.53 kJ · mol−1
標準生成エンタルピー ΔfH°
Standard enthalpy of formation ΔfH°
−110.53 kJ · mol−1
標準生成ギブズエネルギー ΔfG°
Standard Gibbs energy of formation ΔfG°
−137.16 kJ · mol−1
融解熱
Heat of fusion
蒸発熱
Heat of vaporization
蒸発熱 (25°C)
Heat of vaporization (25°C)
昇華熱
Heat of sublimation

溶解度 - Solubility

溶解性一覧 - Table of qualitative solubility

溶解度一覧 - Table of quantitative solubility

溶解度曲線 - Solubility curve

危険有害性 - Hazards

GHS表示 - GHS labelling

参照: 化学物質管理センター. GHS分類結果-一酸化炭素. 独立行政法人 製品評価技術基盤機構.
日本語: http://www.safe.nite.go.jp/ghs/06-imcg-0646.html.
English: http://www.safe.nite.go.jp/english/ghs/06-imcg-0646e.html.
(データ参照日: 2019-01-12).

物理的危険性 - Physical hazards

参照: 化学物質管理センター. GHS分類結果-一酸化炭素. 独立行政法人 製品評価技術基盤機構.
日本語: http://www.safe.nite.go.jp/ghs/06-imcg-0646.html.
English: http://www.safe.nite.go.jp/english/ghs/06-imcg-0646e.html.
(データ参照日: 2019-01-12).

健康有害性 - Health hazards

参照: 化学物質管理センター. GHS分類結果-一酸化炭素. 独立行政法人 製品評価技術基盤機構.
日本語: http://www.safe.nite.go.jp/ghs/06-imcg-0646.html.
English: http://www.safe.nite.go.jp/english/ghs/06-imcg-0646e.html.
(データ参照日: 2019-01-12).

環境有害性 - Environmental hazards

参照: 化学物質管理センター. GHS分類結果-一酸化炭素. 独立行政法人 製品評価技術基盤機構.
日本語: http://www.safe.nite.go.jp/ghs/06-imcg-0646.html.
English: http://www.safe.nite.go.jp/english/ghs/06-imcg-0646e.html.
(データ参照日: 2019-01-12).

製法 - Preparation

炭素と酸素の反応

酸素が不足した条件で炭素が燃焼(不完全燃焼)すると,一酸化炭素が生成します。

炭素酸素の反応 (2:1)
2C
+
O2
🔥
2CO

炭素と水の反応

炭素と水を高温で反応させると,一酸化炭素と水素が生成します。「水蒸気改質」と呼ばれるこの反応は,炭化水素や石炭を原料とした水素の製造に利用されます。

炭素の反応
C
+
H2O
🔥🔥
CO
+
H2

ギ酸の加熱分解

ギ酸を加熱分解すると,一酸化炭素と水が生成します。この反応は,濃硫酸などの脱水剤を触媒として起こすこともできます。

ギ酸の加熱分解
HCOOH
🔥
CO
+
H2O

化学反応 - Chemical reactions

酸素との反応

一酸化炭素と酸素が反応すると,二酸化炭素が生成します。

酸素との反応
2CO
+
O2
🔥
2CO2

メタノールとの反応

メタノールと一酸化炭素が反応すると,酢酸が生成します。この反応では,触媒としてヨウ化水素と金属カルボニルが用いられます。

メタノールとの反応
CH3OH
+
CO
Catalyst
CH3COOH

第14族元素の酸化物

カテゴリ - Categories

構成元素による分類

物質の分類

原子と結合による分類

物質の状態

物質の性質

物質の溶解性

物質の色

物質のにおい

コメント - Comments

コメント投稿フォーム