水生環境有害性 (長期); 区分外

水生環境有害性 (長期); 区分外Hazardous to the aquatic environment, long-term; not classifiedとは,下表の条件に該当し,水生生物に対して長期持続的な有害影響が無いと考えられる物質に付与されるGHS区分です。

毒性データと分解性 分類基準
十分な長期毒性データが存在する
非急速分解性の物質
1 mg/L < NOEC
または
1 mg/L < ECx
十分な長期毒性データが存在する
急速分解性の物質
1 mg/L < NOEC
または
1 mg/L < ECx
十分な長期毒性データが存在しない
非急速分解性の物質
100 mg/L < 96時間 LC50 (魚類)
かつ
100 mg/L < 48時間 EC50 (甲殻類)
かつ
100 mg/L < 72または96時間 ErC50
(藻類または他の水生植物)
十分な長期毒性データが存在しない
急速分解性の物質
100 mg/L < 96時間 LC50 (魚類)
かつ
100 mg/L < 48時間 EC50 (甲殻類)
かつ
100 mg/L < 72または96時間 ErC50
(藻類または他の水生植物)
上の条件に加えて
BCF < 500
またはデータが無い場合
log Kow < 4

「水生環境有害性 (長期); 区分外」に属する化学物質の一覧