生殖毒性; 授乳に対するまたは授乳を介した影響

生殖毒性; 授乳に対するまたは授乳を介した影響Reproductive toxicity; category for effects on or via lactationとは,「女性に吸収され授乳を妨げることが明らかになっている」,または「母乳栄養児の健康に懸念を生じさせるのに十分な量で母乳中に存在し得る」物質に付与されるGHS区分です。物質の代謝物が同様の影響を与える場合にも,この区分が適用されます。 授乳に対するまたは授乳を介した影響に分類される物質には,「H362: 授乳中の子に害を及ぼすおそれ」の危険有害性情報が表示されます。

「生殖毒性; 授乳に対するまたは授乳を介した影響」に属する化学物質の一覧